ブランドサイトを作成する目的と実行すること

1.ブランドを認知する体験
目的:
特定のブランドに対する購買意欲がない(又は知らない)ユーザーは製品カテゴリーを検索する可能性があります。これらのユーザーとブランドサイトを接触させることで、ブランドを認知させることができます。KPI=ブランド名を含まないキーワードからの検索流入数

実施:
SEO対策:
Google Search Console, Analytics
Plugin: Pubsubhubhub, Yoast, PWA, AMP

結果(仮説):
新規見込み客の獲得(LEAD MARKETING)

2.ブランドのベネフィットを理解する体験
目的:
例:https://www.danone.com/ すごーいコンテンツ量です!!「食を通じて健康を届ける」企業であることを固定ページを利用して伝えています。
TNC ”楽しい出かけを美しいデザインと優れた機能のバッグを通してサポートしたい”

実施:
高品質な布を採用している紹介ページ
ユニークなデザイン(和柄)を選定している理由のページ
お出かけの際にどう利用知るか紹介する動画ページ

結果(仮説):
リピーター、ファン、固定客の獲得

3.ブランドを信頼してもらう体験
目的:
ブランドが提供するベネフィットに適切性を感じていても、そのブランドを信頼していないユーザーには、安心でき、買わない理由を払拭する情報に接触させる必要があります。
例:fancl https://www.fancl.co.jp/healthy/reviews/5880a 

実施:
カスタマーレビューを作成してもらう

結果(仮説):
商品購入機会の向上

4.ブランドの優位性を感じる体験
目的:
第三者機関からの表彰や認定はまだないので、ユーザー投票などからエビデンスを獲得
、または技術による差別化を計る。
例:他社よりもハイクオリティーな技術を紹介している動画ページ
私の工場での思い出。懐かしい。。。
https://www.youtube.com/user/dolce650i/videos

実施:
日本での職人よる手作り製造工程の動画作成

結果(仮説):
ライバル会社よりも商品を選んでもらう機会の向上、


5.ブランドの魅力を共有し、実感できるキャンペーン
目的:
愛着を向上させることができます。魅力的な体験をコメントや写真などで投稿させることが効果的。

実施:
商品写真コンテストキャンペーン
ピクニックお出かけする際のサンドイッチレシピ集

結果(仮説):
ショップなどに対する顧客から店に対する親密性(ロイヤリティー)の向上による、リピート率の工場。


Comments